2022.3.26更新

各務原市社会福祉協議会が示しているメニュー事業(2021年度)の抜粋です。
地区社協がメニュー事業を実施すると、経費の一部が市社協から「メニュー事業助成金」として助成されます。メニュー事業の内容や助成の割合は、年度によって変更があります。
「メニュー事業助成金」は、各地区社協で納入された会費をプールしたもので、地区社協は、この助成金を大きな財源として活動しています。
詳しくは、市社協事務局(058-383-7610)にお問い合わせください。

メニュー事業のうちのボランタリーハウス事業

市社協 社会福祉協議会ガイドブック2020年度版より抜粋

令和3年度 ボランタリーハウス事業の特例事業

令和3(2021)年度は、新型コロナウィルス感染症拡大に伴う、ボランタリーハウス事業の中止期間中における助成対象が拡大されています。
尾崎社協の「コスモスの里」は、特例事業の対象となるような活動を少しずつ行っています。

市社協 社会福祉協議会ガイドブック2021年度版より抜粋
市社協 社会福祉協議会ガイドブック2021年度版より抜粋