2022.4.20 更新

ミニサロンのあらまし

尾崎ミニサロンは、尾崎社協が開設している巡回型のボランタリーハウスで、ミニサロン委員会が運営しています。
地域の皆さんに、「ふらっと」誰でも気楽に立ち寄ってもらい、お茶を飲んだりお菓子を食べたりしながら世間話に花を咲かせ、楽しいひとときを過ごしてもらえる、地域交流の拠点になることを目的にしています。

毎月、第2月曜日(9時頃~12時頃)に尾崎中央ふれあい会館、尾崎南町集会所、北洞町公民館、尾崎北町集会所を巡回して開催しています。

飲み物はセルフサービス

「ミニサロン」は老若男女を問わずどなたも参加できます。このことが高齢の方を対象にしている「コスモスの里」とは異なる点です。
入・退室は自由で、何時からでも参加出来ますし、何時でもお帰りいただけます。事前申し込みは不要です。参加費は100円/回で運営スタッフ(ボランティア)も参加費を負担します。
お菓子とコーヒーなどの飲み物、トランプ、囲碁、将棋、麻雀などのゲームを用意しています。飲み物はセルフサービスです。

ミニサロンの様子

サロン用具の貸し出し

自治会や地域でのサロン活動のため用具の貸し出しをしています。
囲碁・将棋セット、麻雀卓・牌セット、トランプ、脳トレゲームなどがあります。

▶サロン用具の貸し出し

お断り

誰でもが気楽に楽しめるミニサロンにするために、次のようなことはお断りします。
*宗教的な宣伝や勧誘。
*政治的な宣伝や勧誘。
*利用者の迷惑となる行為(大声での会話など)。
*茶菓子などを持ち帰ること。
*運営責任者の許可無く行う物品販売のための宣伝や勧誘。
*運営責任者の許可無く行う各種団体の宣伝や勧誘。
*運営責任者が制止する行為。

ミニサロンの設立と経過

誰でもが参加出来る気楽な交流の場がほしいという声に応えて、尾崎社協で「コスモスの里」とは別にボランタリーハウスの開設を決定。
平成27年秋、開催前に各自治会長、福祉委員、近隣ケア・グループの皆様に見学依頼の要請文配布。同時にシニアクラブの尾崎北町ゴールドクラブ、尾崎緑風会連合会、北洞長生会に参加依頼文を配布。
平成27年11月、初回のミニサロンを尾崎中央ふれあい会館で開催。参加者49名。

平成28年度にボランタリーハウス委員会にコスモスの里班とミニサロン班を設置。
平成29年度にボランタリーハウス委員会をコスモスの里委員会とミニサロン委員会に分割改組。

◎年度別の開催日数及び累計参加者数
平成27年度(H27,11~H28,3)
 5回開催 222名
平成28年度(H28,4~H29,3)
 12回開催 531名
平成29年度(H29,4~H30,3)
 10回開催 369名
平成30年度(H30,4~H31,3)
 12回開催 421名   
令和元年度(R1,4~R2,3)
 11回開催 395名   
令和2年度(R2,4~R3,3)
 コロナ禍で開催できず
令和3年度(R3,4~R4,3)
 コロナ禍で開催見合わせ(9月まで)

◎今後の課題
自治会単独で「ミニ・サロン」を開催する方策の検討と支援。
自治会単独での「ミニ・サロン」や交流会の為に、各種ゲームやマージャン,将棋、囲碁セット貸し出し?
開催日数の増加、柄山地区での開催。
ボランティアスタッフの募集、拡充。
参加者の増員計画・呼びかけ(見学依頼及び集客要請)。
市社協の生活相談センターや地域包括支援センター相談窓口の設置(出張開設依頼)。

連絡とお問い合わせ

岩原(ミニサロン委員会委員長)電話058-389-0216にお願いします。
または、トップページの「連絡とお問い合わせ」フォームからお願いします。

ミニサロンの収支

ミニサロンの収入は、利用者さんと運営ボランティアさんの利用料(100円/回)、市社協からの助成金、尾崎社協のミニサロン運営費などです。
主な支出は、お菓子や飲み物代、事務費などです。
収支報告は、市社協に提出するとともに「ミニ広報」などに掲載してお知らせしています。

過去5年分の収支報告は、下のリンク先からご覧いただけます。
▶資料室>収支報告書 年度別